トライアスロンについての簡単な説明

トライアスロンについての簡単な説明

HOME 水着 自転車 運営者 ブログ


トライアスロン(Triathlon)は、水泳、自転車、ランニングの三種目をあわせた競技です。

「トライ(tri)」は、数字の3を表す言葉で、「アスロン(athlon)」は、運動種目という意味です。

トライアスロンは「鉄人レース」と呼ばれることもあり、「すごく長距離」「すごく長時間」などのイメージがあります。

ただ、それだけがトライアスロンではなく、初心者でも挑戦できる短距離レースも行われています。

また、3種目全てを行う競技ばかりではなく「デュアスロン(Duathron)」として、バイクと走りを組み合わせた競技や、「アクアスロン(Aquaythlon)」として、水泳と走りを組み合わせた競技もあります。

日本国内で、初めてトライアスロン競技が行われたのは、1981年8月のことです。
鳥取県米子市にある皆生温泉旅館組合の若手経営者達が開催した「皆生トライアスロン大会」が始まりです。
今も、皆生は日本トライアスロン競技の聖地と呼ばれています。

トライアスロンは、総距離の設定によって、分類されています。

皆生で行われるような大会では「ロング」と呼ばれる、180km以上の総距離が設定されます。
また、オリンピックなどでは「ショート」と呼ばれる、51.5kmの総距離が設定されています。

初心者でも挑戦しやすいのは、「ミニ」や「スプリント」で、総距離はそれぞれ22.6kmと25.75kmです。

日本にトライアスロンが輸入されてからの歴史は浅いのですが、愛好者は増えつつあります。



[本サイトは下記のスポンサー様の広告にて運営されています]

無駄毛は脱毛器具でスベスベお肌
脱毛器具

内職についてネットで出来るので便利なポイントサイトを利用する内容をご紹介
内職でポイント

[PR]ses